tensorflowのインストール方法とか

 

やあ、包丁舐め男だよ
ブログを更新しようと思ったけど特に書くこともないから、今回は卒研で使ったTensorflowのインストール方法を説明するよ。
卒論の付録で書いたことから抜粋していくので、古い情報の可能性があるので注意してくれよな!

 英語が読めるんなら、公式HPを読んだほうがわかりやすいよ。

Installing TensorFlow on Ubuntu  |  TensorFlow


まず、環境の説明からします。

※興味のない人は読み飛ばしてくれよな!
------------------------------- コ コ カ ラ -------------------------------


研究室で僕に割り当てられた環境は2016年度時点で、
Intel Xeon 64コア(のうち、仮想割当20コア)(何GHzだかは忘れた)
・メモリ 256GB(だった気がする)(うち割当30GB(確か))
GPU なし
・OS Ubuntu14.04(仮想環境下)

基本的にCentOSのコンソール上でUbuntu側にSSH接続し操作するというめちゃくちゃ面倒な環境でした。
最初はCentOS上でpythonを入れて…とやりたかったのですが、OSに乗っかってるpythonが古く、かつ、OSがpythonに依存性があるところがあり、無闇にアップデートはできない状況でした。virtualenvでのインストールも試みましたが、今度はGCCのバージョンが古いよ!という致命的なエラー…コンパイラコンパイルに必要なコンパイラのバージョンが古いみたいなのが芋づる式になってしまい、裏ボスに相談してUbuntuサーバを立ち上げてもらいました。

今はどうなってるのか定かではないですが、裏ボスがGeForce 1080あたりを買っていたのでバレないようにサーバーに入れてるか、自分のPCに入れているかしてると思います。

------------------------------- コ コ マ デ -------------------------------

 

 

 

では早速、pythonのインストールから始めましょう。大体の人はアップデートとかの心配はいらないと思いますが、念のため。

まず、自分が使いたい深層学習のライブラリ(Tensorflow、Caffe、etc...)で、必要なpythonのバージョンを確認します。コンソール上で

python version

と打てばpythonのバージョンが出てきます。
tensorflowの場合、2.7系か3.3以上なら大丈夫。
もしバージョンが足りない場合は、apt-getやyumなど、各ディストリビューションに沿ってpythonをアップデートしてください。
入ってたpythonが古すぎる場合は、最悪OSが死ぬのでvirtualenvとかanacondaとか使って仮想環境でインストールするようにしましょう。
…さすがにapt-getとかのやり方はわかるよね?
 
次は、これもインストールされていると思うけど、pipというツールをインストールします。

これは、python版のaptみたいなもんでpythonに入ってるパッケージ(ソフトウェア的な)を管理しているものです。
なかったら apt-getでpython-pipをインストール。ついでにpython-devもインストール。

pip inbstall

 

ちなみにpython3.x系だと、pipを呼び出すのにpip3というコマンドになるので注意が必要だ。

 

また、GPUを使って拘束に回したい!って人は最近話題の謎のメーカー()、NvidiaGPUを使う手がある。これもソフトウェアのインストールが必要だ。
具体的には、CUDA ToolkitとcuDNNのインストールをしなくてはいけない。
詳しくは下のリンクを参照してください。(英語注意)

developer.nvidia.com

 

 

ここまで準備ができたらあとは簡単。

gista904161057f0d2152840152a5d5b8a57

これで終わり。

あとはハローワールドでも動かしましょう。

 

gistba5d04262b13701fc8448a9595a7b657

 

なにをやってるかというと、

1.tensorflowのパッケージをtfという名前で定義してやる
2.tf.constantでtendorflowの中のconstant(定数を指定するやつ)を呼び出して、Hello, World!を変数helloに代入する。
3.tf.Session()でセッションを作る(tf.Session() as sessという呼び出し方も可)
4.print句内でセッションに変数helloを渡して走らせる

みたいな流れになってます。ちょっとややこしい。

 

わかりずれぇぞカスみたいな感じになってしまったけど、英語が読めるなら、普通にTensorflowのHP読んでもらえば同じこと書いてあります。

 

疲れてしまったので、今度は研究でやってたことを思い出しつつCNNに触れられたらいいなと思います。

金沢を離れて

大学に通うために一人暮らししていた金沢を離れ、地元静岡へ帰ってきました。

 

一人暮らしって何やっても自由でしたね…いつ帰ってもいつ出発しても音楽を垂れ流しても文句言われないし。…結局女の子を連れ込むことは一度もありませんでしたけれども。

 

実家から離れなかったら、帰ればご飯が出てくるし洗濯もしてある生活が有り難いなんてことも思わず、当たり前のものと思っていたんだろうなと考えると、一人暮らしをしてみて良かったかなと感じています。

 

移り変わる気候を肌で感じられたというのもいい経験でした。日本海側の多湿な気候はいろんなものをカビさせ、夏はジメッと暑いし冬は雪が降るしのゴミみたいな気候だと痛感させられました。乾燥しないからお肌にはいいですけどね。

金沢人は、全面が雲に覆われていても「今日は晴れたね〜」なんて言います。昔から「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉があるくらいです。完全に毒されています。彼らが太平洋側に住んだら、晴れの過剰摂取で干からびて死にます。

 

名物らしい名物も街中から離れたところに大学があったのもあってなかなか食べられなかったなぁ。単純にお金がなかったというのもあるんですけど。金沢おでんとかいうの最近よく耳にしますが、食べたことはないです。

静岡おでんは美味しいから食べてね。冬場の駄菓子屋で食べられるよ。最近は静岡おでんのお店があるらしいけど、やっぱ駄菓子屋のおでんが最高にうまくて安かった。静岡の駄菓子屋が未だにあるかわからんけど。

 

日本酒も最近辛口のなら飲めるようになってきました。北陸は日本酒の倉元が多いので、もっと早くから飲めるようになって色々飲み比べられたら楽しかっただろうなぁとちょっと心残り。お金ができたら片町でハシゴ酒したいです。

 

あと能登半島一周するやつもう一回やりたいですね。時間を取ってのんびり走るやつ。1回生のときにやった能登ツアーは時間との勝負って感じで、ほんとに走るだけだったし、輪島の朝市とかゆっくり行きたい。

 

自転車で走り残したところといえば姫路 - 岡山間と鈴鹿 - 静岡間ですね。そこが繋がれば金沢から広島と、金沢から静岡が繋がるので。

雪で全くチャリに乗ってなかったのもあって、神戸姫路間の国道2号がキツすぎて泣きながら走ってた2年前が懐かしい。気がついたら銀マット消えてたし。

広島から下関まで走れば長崎まで繋がるけど、山口はどう見ても山しかないので走りたくないです…

なんだかんだで最北端とか最南端とか行ってないので気が向いたら車とかバイクとかで行きたい。自転車で行くのには多分時間がたりない。

 

頭の悪い鈍行旅もまたやりたいですね、一番頭悪かったのは北海道の室蘭から静岡に輪行で帰省するやつ。2日かかりました。頭が悪い。この経験のお陰で面接官が「鈍行旅が趣味ということですが、どこまで行ったことがあるんですか?」っていう質問を隣のやつが「広島まで」と答えていたのに勝つことができました。ありがとう頭の悪い鈍行旅。

 

なんだかやり残したことを書く感じになってしまいましたね。時間は無限にあるのにお金がない大学生活でした。やりたいことはめっちゃあるのに伴うお金がない。趣味ってお金がかかるんだなって感じました。

 

特に何か新しいことを始めるときは初期投資がめちゃくちゃかかる。だからこそ、初期投資の段階でそれなりのものを買っておいたほうが結果として投資額は少なくて済む。これは自転車で学んだことですが、自転車に限らずすべてのことに言えると思います。初心者向けのものを買って、満足できなかったから辞めてしまうっていうのが一番勿体ないなって。プロ向けのを買って使いこなせないっていうのも見苦しい感じはするし、プロ向けのを買えってわけじゃないですけど、初心者向けのを買って思ってたのと違った…使いにくい…ってなるよりは中級グレード位を買っておいたほうがハマって続けたときも使い続けられるし投資額も結果として少なくて済むし。

 

…なんの話でしたっけ?

 

とにかく、大学を卒業し、いよいよ就職することになりました。不安ばかりではありますが、学生生活で培ったなけなしの後輩力を活かして先輩たちに媚を売って行きたいと思います!!!!!

 

ブログ始めまみま

包丁舐め男こととーかいです.ブログ始めてみます.

続くかどうかもわからんし,なんなら何を書くのかも決まっていない…完全に見切り発車…

自転車だったり,車だったり,行ったライブの話だったり,2次元や3次元のアイドルの話だったり,気になった記事についてのブログを書くことになるのかもしれません.

 

とりあえず,開設しました!ということで.

ツイッターじゃ流速が速すぎて何の話題を話していたか忘れてしまうから.
どうせ書くなら,あとで見返して分かる形で.

 

今後更新があるかわかりませんがその時はよろしくです.